松下昇~〈 〉闘争資料

2008-02-28

PHPmysql、って意味があるのか?

えーと、今日は実は朝から一日ずーっとパソコンで遊んでいました。

PHPmysql というもの*1に入門しようとしているのです。

PHPで例えば何ができるかというと次のようなページを作成することができます。読者は普通、HPを閲覧することしかできませんが、PHPを使うと読者が参加できるページを作ることが出来るのです。

http://noharra.poo.gs/test/php/sam6.php

 次のようなゲームを作ることもできます。(もちろんこれはわたしが作ったものではなくある方が公開していたものをコピーさせてもらったものです。)

ゲーム:鮫亀(same gameからきている有名なゲーム)

http://noharra.poo.gs/test/same10/same10.php


で、データベースの方は、とりあえず、概念集目次をサンプルとして作ってみました。

http://noharra.poo.gs/matu/dasu61.html

データベース名:noharra テーブル名:gainen を入れると、目次がでます。

これだけなら1枚の紙のようにあるページにただ書いておけば良いだけのことで苦労する必要はありません。

概念集をデータベース化する意味がどこにあるのかという本質的意味も問われますが、とりあえず何か動かしたりできる形で試みてみたいと思っているのです。

 でそのために、ハッスル・サーバーというレンタルサーバーを借りたのです。

概念集を読むことと、こうした作業を絡み合わせて進めていければなと考えています。


(訂正版 目次)3/1

http://noharra.poo.gs/matu/mokuji.php おひる12時にやっとできた。

パソコンなどの技術と、松下の方法との関係

無理矢理とも言えましょうが、次のように考えた。


松下の方法は、別の存在様式が可能だということ。

例えば、短い文章など誰でも書ける。しかしそれも紙とペンがあればだ。紙とペンがなくともパソコンとキーボードでもよい。しかし単にパソコン(ワープロ)を所与のものとするのではなく、パソコンの構造の一部を自分で再構築せざるを得なくなったときはじめて、単純なことを実現するためにどれほど複雑な仕組みが必要か(おぼろげに)理解できる。(正確にはわたしが今やっているのは、パソコンの仕組みとの格闘ではない。インターネットで借りたサーバー上でテキストを表示する方法を試行錯誤しているのだ。)

パソコンでは、〈書いて〉〈表示する〉のに 驚くべき手間がかかる。

その「驚くべき手間」を体験してみることにより、わたしが当たり前だと思っている日常の習慣がいかに驚くべき蓄積、文化の上に成立しているかを対象化しうるようになる。

パソコンの勉強をすることはこのように、存在様式の変革を目指した松下の方法を模索することと密接につながっている。(3/1記)

*1PHPとは「動的にWebページを生成するWebサーバの拡張機能の一つ。また、そこで使われるスクリプト言語。」ということらしい。MySQLとはデータベースソフト