松下昇~〈 〉闘争資料

2008-11-29

”事実も又成長する”

松下昇は、神戸大学における全共闘運動に積極的に参加し、起訴され長い裁判闘争を闘った。

1980年にも {冒頭陳述}書というタイトルの文書を神戸地裁あて提出している。まず自らの事件についてこのように言っている。

α、本件の発生に関する基本的把握について。

  本件は大学闘争の提起してきた、さまざまの問題を包括的に

内~外包しているから、たんに個々の事件の集積として扱ったり

法的にのみ評価するだけでは決定的に不十分である。

  従って被告人側も、公訴自体が大学闘争の全過程と、どのよう

に交差しているかを、まず明らかにしたい。これについては、す

でに昭和五一年九月二十一日に提出したレジュメで基本的にのべて

いるので(略)

 前記のレジュメを、あえて要約すれば、本件の、それぞれの公

訴が提起される時期は、大学=国家が、大学闘争の諸テーマの深

化~拡大に恐怖し、抑圧しようとした、いくつもの時期に一致し

ており、たて前としての大学の自治なるものは、権力と一体化し

た反人民~反存在的なものにすぎない。

検察側は起訴はしてみた

ものの闘争の本質をみぬくことはおろか、有罪の立証さえなしえ

ていないことが万人の眼に開示されつつある。

 私たちにとって権力の弾圧も又、逆用しうる自主講座~自主ゼ

ミの一参加形態であり、”事実も又成長する”という認識から、

検察側立証の~四~年間に、さまざまの新しい発見をしてきた。

検察側にとって事実は過去形の固定したもので、法的? 文章で

記述可能と信じられているらしい。

(時の楔通信第〈2〉号 p15)

 「事実が成長する」とはどういうことであろうか?

歴史を階級闘争史観や国家主義史観などに還元可能なものと考える思想とはそれは相反する。

例えば慰安婦問題であれば彼女たち、底辺にあって売春(であるようなないような)仕事をしている女性たちというものはまともな学の対象にならず、インタビューの対象にもならず、声無き民としてたまに憐れみの対象になるだけであった。しかし近年では彼女たちをひとつの主体として(エージェンシーとして?)微細な権力関係に分け入り、その発言しにくいといった思いも汲み取ろうとする様々な試みがなされている。同じ事象であってもはるかにきめこまかい把握が可能になってきた。

「事実が成長する」とは例えばそういうことでもあろう。


大学闘争は「もっと巨大で、無意識のうちに私たち全てをつつみこんでいる矛盾の総体との格闘」と、松下においては定義される。闘う主体が十全には対象化してきれていない問題意識において格闘は行われた。したがって、可視的な闘争の終了後、裁判でそれをどう位置付けるかといった闘いは単に付随的なものではなく、本質的な問いかけを自分たちに迫るものと考えられた。「事実が成長する」とはそういうことであったであろう。


えーこの文章には、デリダも歴史修正主義も出てきませんが、下記に(も)刺激されて書きました。簡単に言えば、「事実が成長する」はデリダのせりふであってもおかしくない。でそれが歴史修正主義に利用できるかは、歴史修正主義をどう定義するかの問題だ。

http://d.hatena.ne.jp/toled/20081128


”事実も又成長する”(2)

神戸地方検察庁 検察官検事S は言う。

(1)右請求書記載の立証趣旨は全べて証人の評価意見を求めようとするものであり、刑事事件における証拠調べである証人尋問は、証人知覚に残った事実の痕跡を、該証人の記憶を通して表現させる手続きであって、証人の意見を開陳する場ではない。

これに対して、松下は次のように激しく反発する。

>> 

証人を実験動物のように切りきざみ、利用し、証人の主体性を黙殺する発想の最低水準の定式化である。公判参加者は被告人、弁護人をふくめて、つねにこの発想に近づいてしまう危険をもつことを自戒しなければならないが。(p25 同パンフ)

 しかし、

「事実」を意見が違う多数が構成していくためには、(1)のような方法論が、ベストではなくともベターだという感覚は、(松下も認めているように)なかなか否定しがたい。これをどう突破していけばよいか。


過去の事実性を転倒不可能とみなす一切のもの

どのような〈悪意〉をもつ眼や〈疲れやすい〉耳にも否定することの困難な〈詩〉の共同実現〜その向こうへの巡礼

p12 時の楔通信〈15〉号


 {私}たちは、パンフや通信の発行が、それ自体としてプラスであると考えたことはなく、全てを表現論的にもとらえなおすところから出立しているが、同時に、権力や存在から一瞬ごとに迫ってくるテーマを放置すれば、たちまち、風に散り、忘却されることも味わってきた。〈十〉年をこえて、きざみつけてきた原則や方法を死滅させてはならないし、過去の事実性を完結したもの、転倒不可能なものとみなす一切のものに、戦いをいどむことなしに一瞬も生きていけない、という、うめきの中で{時の楔}を構想している。

p2 時の楔通信〈0〉号

転載歓迎

あらゆる人が、私たちの表現を掲載し、なにかに共闘していく方向を私たちは歓迎する。同時に、それぞれの発行者〜読者にとっての〈法廷〉における{最終意見陳述}が問われていくことも確かであるが。

(時の楔通信第〈4〉号 p1)

ゲスト



トラックバック - http://from1969.g.hatena.ne.jp/noharra/20081129